2019年04月29日

Yahoooo!キャンプ2日目無事終了!


朝は立候補してくれた子どもたちが考えた体操をして元気にスタートです。
活動を豊かにするお仕事を行った時に発行されるYahooo!を手に入れるべく朝は、5種類の清掃場所から自分ができる掃除を探して取り組みました。任意の活動ですが、なんと全員が取り組めました。「言われたからやる」のではなく、「自分で選んだ仕事をする」ということが子どもたちの中で責任を持って取り組めるようです。

今日のメインイベントは「飯盛山登山」。昨日のナイト追跡で手に入れた地図をもとにして、山頂を目指しました。
この活動、ひいてはこのキャンプのねらいは、「自分たちで判断し行動する体験」「異年齢で構成されている班の中で協力する体験」でした。
まずは、リーダーと一緒に登山口までを、分岐点しか無い地図(コマ地図)をもとにして歩みます。
今回は、GWトクベツキャンプなので、途中の休憩所で、子どもたちにある「チャレンジ」を選択してもらいました。
そのチャレンジとは、「中腹から山頂までの道のりを子どもだけで歩ききる」というもの。
安全管理の側面から、頂上に複数名のリーダーを配置し、常に山頂から子どもたちの様子を確認、中腹のスタート地点では、班のリーダーが待機しいつでもフォローに入れる体制ではありましたが、それは子どもたちにはヒミツ。
子どもたちにとっては、リーダーという頼れる人が居なくとも高学年を中心として、班で協力し歩ききるというというもの、またリーダーにとっては子どもたちを信頼し送り出すということでした。

班ごとに話し合いをして班でチャレンジするかどうかを決定。3つの班が子どものみで歩き切ることを選択、1つの班はリーダーも後ろからついてくるという形での挑戦でした。

頂上にいるリーダーのところに来るまでには、どの班もストーリーは違えどとても頑張りました。とても清々しい顔で来る子もいれば、緊張が解けたのか急に疲れが出て座り込んでしまう子など様々でしたが、一人一人が自分と向き合い、相手を思いやりながら過ごせた時間でした。施設に帰ってくるころにはまた一つ班の仲グッと深くなったと思います。

夜は雨が降ってきてしまったので、キャンドルファイヤーをしました。
静かに燃える炎を眺める時間も子どもたちにとってもは、新鮮だったようです。


明日は、午前中最後のアクティビティ、leaders屋台が開店してリーダーたちが趣向を凝らしたお店を出店します!


明日の道路状況についてのお知らせです。
明日は、超大型連休の第一次ラッシュのようです。帰りの時間が大幅に遅れることも想定されます。
施設を出るころに一報、また解散時間が30分以上大幅に遅れる場合はブログを更新しお伝えさせていただきますので、お迎えよろしくお願いします。


ラスト1日、めいいっぱい楽しんで東京に帰りたいと思います!



井上(えっぴ)

S__59318297.jpgS__59310106.jpgS__59318284.jpgS__59318285.jpgS__59318279.jpgS__59318286.jpgS__59318288.jpgS__59318289.jpgS__59318290.jpgS__59318293.jpgS__59318295.jpg
posted by ひの社会教育センター at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | サマーキャンプ(ひの自然学校)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185929793

この記事へのトラックバック